JSON-LDに対応した構造化データ設定ができるSchema.org設定エディタ:S.O.E

 

 

最新版はJSON-LD形式に対応

最新版ではJSON-LD形式での出力にも対応しているので、HTMLタグへの埋め込みとJSON-LD形式の埋め込みと両対応が可能になりました。

 

Schema.org設定エディタ:S.O.E

 

最新のGoogleではJSON-LD形式でのSchema.orgの書き方を推奨しています

 

最新版はJSON-LD形式に対応

 

HTML内のどこにでも記述が出来るJSON-LDなら今までのHTMLタグ部はそのままに、構造化データを記述する事が出来るのでシンプルで分かり易いのが特徴です。

S.O.Eを使えば更に分かり易くJSON-LDの記述を実現する事ができます。

 

 

 

 

Schema.orgとは?

『Schema.org』とは、Google、Yahoo!、Microsoftの大手3社が共同で立ち上げたプロジェクトで、Schema.orgの仕様に従って HTMLをマークアップすることで検索エンジンにコンテンツの詳細情報を伝えたり、リッチスニペットの表示に対応することが出来ます。

Googleなどの対応している検索サイトではマイクロデータで構造化されたHTML文書からの情報を理解し、表示に役立てています。

Schema.orgの仕様に従ってマークアップを設定することで、WEBページの文書項目に意味を持たせる事ができ、それがただの文字から「何」であるかの意味づけがされます。

 

例えばGoogleで検索をした場合、ページのタイトルと概要が表示されるだけですが

Googleでの検索結果【通常】

 

リッチスニペットの設定によりGoogleに内容を理解していもらった場合

評価や価格帯、画像などを一緒に表示して、よりリッチな検索結果を見せることができる

Googleでの検索結果【リッチスニペット】

こうする事で、たとえ検索上位に位置していなくても、見ている人がスクロール中に目に留まりやすく
検索結果に提供している情報の多さから、ページを見てもらえる確率に影響が出てくる

※Googleの検索結果でリッチスニペットに対応している主な構造化データ

  • パンくず : BreadcrumbList
  • 製品 : Product
  • レビュー : Review
  • レシピ : Recipe
  • ビデオ : Video
  • イベント : Event
  • ニュース : News article

 

 

 

構造化データをクローラーに通知

構造化データをクローラーに通知

 

「マイクロデータ:Schema.org」の設定は手入力だけだと非常に大変です

 

 

 

そこで

 

 

 

JSON-LDでの編集

 

複雑なJSON-LDコードの記述もマウス操作で構造化データを組み立ててから「生成」ボタン一つで変換が可能です。

勿論、一度作ったJSON-LDコードから構造化データを再構築する事も出来るので、既存のJSON-LDコードの編集も出来ます。

JSON-LDコードへの変換

 

 

 

Microdataでの編集

 

また、従来のMicrodata形式での編集も出来るので、MicrodataとJSON-LDの両方を使ったサイトにも対応できます。

使いたいアイテムタイプ名を検索で見つけ、アイテムタイプを選んで適用してから関連しているプロパティも選んで適用する。

これでHTMLに直接触れることなくマイクロデータ:Schema.orgのアイテムとプロパティが設定されて完了です。

MDEditor使用例

 

基本的な操作はマウスで設定が完了するようになっているので入力ミスを防止する事が出来ます。

 

 

 

S.O.Eに寄せられたご感想です

たぬきちさま

 

コンテンツの中身はSchema.Orgで正確に伝わる!

 

SEOは「検索エンジンに最適化する」という事

 

Schema.Orgというのは検索エンジンと対話するための共通言語のような形式

ただ、これを利用するためには、複雑な記述形式を理解する必要があるが

 

SOEではその記述というステップを代わりに代行してくれます

 

何度も繰り返し利用するアイテムタイプやプロパティは

よく使うアイテムタイプや定型としてセット保存もできる上に

 

・HTMLタグで文字装飾を行う感覚で利用できるMicrodata形式

・次世代モバイルSEOの可能性を秘めたAMPでも利用できるJSONLD形式

 

どちらでも好きなほうで出力可能

 

JSONLD構造化データやMicrodata構造のエラーチェックなど

生成した構文をそのまま利用しても問題ないかの対策も充実

 

Schema.Orgの利用法についてよくわからない人や

実際に記述して大変さを良く分かっている人も

 

全てのアイテムタイプからツリー形式で選択し

それを文字装飾を行うような簡単操作で正確な記述を可能にする

 

正しいマークアップで最適な情報を伝える事を助けてくれる!

これがS.O.Eの最大の魅力

 

アフィリエイトツール8で生活満足:たぬきち  

 

 

 

 

お試し版で動作確認

S.O.Eがご利用のPC上で動作するか?

実際のSchema.orgの設定作業がどのような感じなのか?

そんな疑問がありましたら、下記リンクで手に入る「無償試用版」で動作をご確認下さい。

 

無償試用版はこちら

S.O.Eでリッチスニペット対策をして検索ユーザーにアピールしましょう
S.O.E

※イメージです

S.O.E単体で動作します
※プレデスト/WordPressPostのプラグインとしては動作いたしません

標準価格:9,800円

 

 

S.O.E

※イメージです

『HTMLテンプレートエディタ プレデスト』または『ワードプレス専用エディタ WordPressPost』にS.O.Eの機能を追加するプラグインタイプです
※このバージョン単体では動作いたしません

標準価格:9,800円

 

 

 

■パッケージ内容  (ダウンロード販売)

S.O.E単体版 Schema.org設定エディタ:S.O.E本体
※PC2台までインストールが可能です
マニュアル(PDFファイル:22ページ)    サンプル
プレデスト/WordPressPost専用版 Schema.org設定エディタ:S.O.Eプラグイン版2種
マニュアル(PDFファイル:計46ページ)    サンプル

 

■必要システム構成

OS Windows8.1®
Windows8®
Windows7®
WindowsVista®
※各日本語版32bit版/64bit版
※.NET Framework3.5以上が必要です
ソフトウェアHTMLテンプレートエディタ プレデスト
または
WordPressPost
CPU/メモリお使いのOSが推奨する環境以上
必要HDD容量20MB
その他 マニュアルはPDF形式です。読込にはAdobe® Reader®が必要になります
Adobe Acrobat Reader DC Adobe Reader DC
本製品はMicrosoft Visual C++ 2008 SP1 再頒布可能パッケージ (x86)を利用しています。 必要な場合は下記サイトよりダウンロードして頂き、セットアップをお願いします。
 Microsoft Visual C++ 2008 SP1 再頒布可能パッケージ (x86)

 

 

ご質問はございませんか?

 

 

購入後すぐに利用できますか?
ご購入後、製品をダウンロードしてからセットアップを行うことでプレデストまたは
WordPressPostのプラグインからご利用いただけます。
検索結果で上位表示されるようになりますか?
S.O.Eは検索結果の上位表示のためのソフトではなく検索サイトに情報を通知する
構造化データを編集するソフトです。
検索サイトで構造化データを検索順位に利用するようになれば影響が出るかもしれませんが、
現在は表示内容(リッチスニペット)への影響がメインのようです。
必ずリッチスニペットが表示されますか?
S.O.Eは構造化データを設定するためのツールで、実際の表示についてはGoogleの基準になります。
表示されない場合などはGoogleのガイドライン等をご確認をお願いいたします。
利用には毎月の利用料金などはありますか?
最初のご購入金額以外には一切費用はかかりません。
バージョンアップする場合も追加費用はかかりません。
商品購入後の返品・返金の制度はありますか?
ツールという商品の特性上、返品・返金はお受付しておりませんが
機能改善のご要望やご意見は、随時受け付けています。
ご了承の上、ご購入のお手続きをお願いいたします。

 

S.O.E

※イメージです

S.O.E単体で動作します
※プレデスト/WordPressPostのプラグインとしては動作いたしません

標準価格:9,800円

 

 

S.O.E

※イメージです

『HTMLテンプレートエディタ プレデスト』または『ワードプレス専用エディタ WordPressPost』にS.O.Eの機能を追加するプラグインタイプです
※このバージョン単体では動作いたしません

標準価格:9,800円